治療の流れ

治療費用
約300万円の重粒子線治療 + 通常の診療費用 が必要です

2016年4月から一部の疾患(施術困難な骨軟部腫瘍)に重粒子線治療の保険適応がなされました。その他の疾患については、学会が作成した疾患別統一治療方針に基づき、引き続き先進医療として治療が行われることになりました。
重粒子線治療は先進医療として認められているため、一般の保険診療と併用することができます。重粒子線治療の費用は約300万円かかりますが(治療費は各施設のホームページをご覧ください)、一般診の保険診療と共通する診察、検査、入院、薬代などは健康保険を適用できます。

一般の保険診療と異なる治療(自由診療)を受ける場合は、通常、全額個人負担になってしまいますので、先進医療ならではの特別措置です。


重粒子線治療費用

治療の流れ

お問い合わせ

重粒子線治療についての
お問い合わせはこちらへどうぞ

お問い合わせ